トップページへ戻る






- - -大山ゲストハウス 寿庵(じゅあん)について

大山ゲストハウス「寿庵(じゅあん)」は、鳥取県の名峰「大山(だいせん)」の登山口「大山寺」エリアに2014年6月に誕生しました。 長年、大山寺の旅館で働きながら、休みのたびに山に登り、世界を旅し…そしていつしか「この大好きな山で、世界各地で見てきたような、素敵なゲストハウスを開業することができたら…」と夢を抱くようになりました。

開業の夢を追い求めて約7年間、諦めずに思いを抱き続けてきた私を応援してくださる方々が、約40年の歴史に幕を降ろそうとしていた小さな宿「大山寿荘(ことぶきそう)」と私の縁をとりもってくださいました。
そしてオーナーさんのご厚意により、新たな宿としてこの建物を引き継がせていただけることになったのです。
多くの方に愛されてきた「寿荘」。宿とそこにある人々の思いを継ぎたい、という願いから、宿の名前に「寿」の一字を譲り受け、古い歴史のある大山寺をイメージさせる「庵」の文字と合わせて「寿庵(じゅあん)」と名付けました。

寿庵は、誰にでも開かれた場所。大山登山が目的の方、旅の途中に立ち寄った方、大山を愛する地元の方…どなたでも気軽に立ち寄れる、そんな宿を目指しています。
そして、今まで交わることのなかった皆さまが、寿庵で出会い、そこからまた新たな縁がつながっていくことこそが、私が目指す宿の姿であり、思い描いてきたゲストハウスの形なのです。 まだまだ発展途上の「寿庵」。
少しずつ、お客さまとともにつくり上げていきたいと思っています。
これから、多くの人の「出会いと縁」が、ここ「寿庵」で生まれることを心より願っています。 大山ゲストハウス寿庵 矢田浩子

「ブログとお知らせ」のところで、宿への思い、日々のこと、毎日綴っています。最新情報はぜひこちらで確認してください 。
- - -ゲストハウスとは?

アメニティなどのサービスを省いた素泊まり宿のことです。
ドミトリーと呼ばれる相部屋などがあり、低価格で泊まることができます。布団敷き、ベットメイキングなど、お客様ご自身でしていただく場合がほとんどです。お食事は一切提供しません。その代わり、キッチンをご利用できます。バス・トイレ・キッチンなどの設備はほとんどの場合、共有スペースとなります。
しかし、それら共有スペースでのお客様同士のコミュニケーションが、ゲストハウスの最大の魅力と言えるでしょう。
寿庵でも、くつろぎの談話室をご用意しています。
山の話、旅の話、そしてスキーの話‥心ゆくまでお楽しみください。